*

ピンチを気付く

外国為替証拠金取引初めての方が為替相場の重要なところを探し出すためには、学習を積み重ねていく事が大事です。

先にピンチを気付くようになるためにはポカをすることも経験のひとつ。

 

言うまでも無く、マイナスになるといっても立ち上がれなくなるほど重大な負けをする事は話になりません。

 

取り戻せるぐらいの負けを何回も重ねる事が最後にあなたの場数を増やす事が出来ます。

 

この考えでは最初は少額でトレードを行ない、何度か取り返しが付くミスをすることをおすすめする。

 

たとえば、100万円しか投資する事が出来ない状況で、最初から全てつぎ込んでトレードすると負けた時、今後取り返せない恐れがある。

 

それならば、ひとつの例として10分の1ずつ分割して売買してこれで売買を体験した方が着実にミスを補う術なども身についていくはずである。

 

まず最初に少ない額でトレードする事の良い点は自身の体験を増やし損を減らす方策を身に付けていく事にありますが、それと一緒に、取引の回数を重ねて、危険性を減らせるという価値もあります。

 

仮に、1回限りのトレードで勝てる確率が5割だとしよう。

 

言い換えると、同じ確率で損する危険性もあるということになります。

 

勝率5割ということは。

 

五分五分の率で勝利できる事を言い表しています。

 

だがしかし、全ての資金をつぎ込んで1回だけのトレードをするということは、勝ちか、負けのいずれかになります。

 

それはただの丁半バクチと同じです。

 

結局のところ、全てを投資して1回しか売買しないとこれだけでは損失が生じる率が高まってしまいます。

 

だから、お金を全額使うのではなく、少額ずつ分けて回数を重ねる事がリスク管理となります。

 

そして少しずつ分けたとしても、全部に勝利する事は重要ではありません。

 

というか、勝利する事が出来ないのが現実だ。

 

勝負で重要なのはいかに利益を上げるかです。

 

勝率が50%でも、或いはそれ以下でも利益を上げる事が出来ます。

 

5割以上負けてもその収益が少なければわずかな勝ちの儲けの大きさで十分に儲けられます。

 

そのために必要な事は、損を少なく、利益を大きくを肝に銘じる事です。

 

損が出たらすぐに損失を確定して反対に勝った場合には可能な限り大きく利益を上げることが外為取引初心者が為替でプラスになるための秘訣です。

 

次の記事も読んでね!!

  1. ピンチを気付く
  2. テスト


コメントする